脚むくみはリンパマッサージで解消

女性の多くが抱えている悩みである脚のむくみは、そのまま放置していると脚が太くなる大きな原因になります。

塩分の取りすぎや運動不足・重力がありますが、余分な水分と一緒に老廃物が溜まってしまうと、脂肪の塊であるセルライトができる悪循環にハマり込んでしまいます。

特に女性は筋肉量が少ないこともあり身体が冷えやすいですし、ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれているせいもあり、運動不足が重なるとより一層脚が太くなっていきます。

脚むくみを放置することなく脚のむくみを取るには、半身浴や塩分を控え温かい飲み物を飲むことも有効ですが、効果的なのはリンパマッサージです。

体内にはリンパ線が張り巡らされていますが、このリンパをマッサージすることで余分な水分や脂肪を流しむくみを解消できます。

身体が温まっている入浴後、マッサージクリームやオイルを脚に塗り、まずは脚の裏をかかとに向かってマッサージしていき、足首を回します。

その後ふくらはぎを手のひらで下から上に向かってマッサージし、ひざ裏を押しながら指先をクルクル回した後、太ももから足の付け根に向かって手のひらでなで上げ、付け根を10~20回程度マッサージして終了です。

マッサージの際、ふくらはぎや太ももを手でもみつつマッサージすると、より水分や老廃物が流れやすくなるのでオススメです。

このマッサージで美脚を目指しましょう